まつげ美容液を使用するタイミング

まつげを長くしたいときやボリュームを増やしたいとき、根元を強くしたいときなどにまつげ美容液を使用する人は多いです。

エクステやつけまつげは化粧の印象が濃くなってしまったり、すっぴんやナチュラルメイクのときにつければ違和感がある場合もあったりと日常的にまつげを長く見せたいときには不便な点もあるのです。

そこでもともと生えているまつげを育てることに力を入れる人が多いのです。まつげ美容液には有効成分がたっぷりと含まれているため効果が高いです。

ただし使用時にいくつかのことに注意しておかなければ、せっかくの効果が半減してしまいます。使用する時にいちばん大切なことはタイミングです。

朝と夜の2回、洗顔後に行うようにする必要があります。

特に夜はまつげが育つ時間でもあるので忘れずに使用しなければなりません。

また洗顔をした後でなければ、毛穴に汚れや詰まりがある可能性が高く、そのような状態で美容液を塗っても成分が浸透しません。よく成分を浸透させるためには清潔な毛穴に使用する必要があるのです。その際に塗りムラがないようにブラシの持ち方を工夫したり、ギザギザに動かすようにすると更によいでしょう。

忙しい朝に使用することを面倒に感じる人も多いと思いますが、美容液はマスカラの下地としても活躍しますので、化粧の手間が省けるため一石二鳥です。まつげ美容液の効果をより実感したい場合は、このようないくつかの点に気をつけて使用しましょう。


まつげ美容液とはまつげにハリやコシを与え、ボリュームや長さをアップさせる効能を謳ったコスメのことです。
近年のつけまつげブームやカラコンブームでアイメイクに力を入れる一方で、傷みやすくなったまつげをケアする目的もあります。

まつげ美容液を使い続けることで、まつげの1本1本が強く丈夫に変化してくるといいます。

日本人は欧米人と比べると、まつげの本数自体も少なく長さも短めの傾向にあります。

まつげ美容液のメカニズムは、まつげの成長する時期を長く維持させて、有効成分をより長く留めることによりまつげの発毛を促すという仕組みです。

美容液に含まれる成分にはセンブリエキスやニンジンエキスなどの毛髪にハリやコシを与える作用のあるものが主流です。

またキレイに伸ばすための美容成分としてヒアルロン酸やコラーゲン、パンテノールなどを配合しているものも多く存在します。

その多くはチップタイプかブラシタイプの形状をしているものが大半です。

まつげ美容液はまつげの根元に塗り込んで効果を望むものなので、肌触りが優しいことは重要なチェックポイントです。
個人差もありますが継続して使用することで、早い人は1ヶ月から遅い人は3ヶ月程度で効果を感じているようです。

このようなまつげ美容液を使用する際には、アイメイクをしっかりとクレンジングしてから使うのが基本です。

マスカラやつけまつげをオフする際も、専用のクレンジング剤で優しく落とすことが肝心です。

















関連リンク

ブライダルエステの選び方

結婚式は一生に一度の晴れ舞台なので、できるだけ美しい花嫁姿をみんなに見てもらいたいと思う新婦も多いことでしょう。せっかくのウエディングドレスも、背中に無駄毛があったり、肌が汚いとそれだけで花嫁の魅力も半減です。...

more

ブライダルエステはおススメ

ブライダルエステは、結婚式を前提としたエステティックのことです。ずっと思い出や記録に残る花嫁姿を最高な状態で残せるように、プロの力を借りて頭のてっぺんからつま先までケアしてもらいます。...

more
top