まつげ美容液と選び方のポイント

まつげ美容液とはまつげの成長期を長く自訴s区させることによって、より長く丈夫なまつげに成長させることができるまつげにつける美容液のことです。
個人差がありますが、まつげの周期は平均すると3ヶ月から4ヶ月ほどで生え変わります。つまり1ヶ月から3ヶ月の間に、まつげが生えて成長し、抜け落ちると言うことです。


まつげ美容液にはまつげにハリやコシ、栄養を与える成分が含まれていてまつげを長く、強くすることができます。

また抜けにくく丈夫なまつげにすることや、新しく生えてくるまつげにもハリやコシを与えることができます。

まつげ美容液に含まれる成分としては、ハリやコシ、栄養を与える成分としてセンブリエキスやオタネニジン根エキス、ビオチノイルトリペプチド、オクタペプチドなどの機能性ペプチドなどがあげられます。
まつげを綺麗に伸ばす成分としてヒアルロン酸やパンテノール、コラーゲンなどがあげられます。

市販されているまつげ美容液にはたくさんの種類があって、どれを選べばよいか迷うこともあります。

選び方のポイントとしては、効果や成分、使いやすさです。効果や成分は自分のまつげをどうしたいかなどの希望に合うものを選ぶようにするのが良いでしょう。使いやすさは、先端の形状は主にチップ、筆、ブラシの3種類で、新しく生えてくる毛を丈夫にするためにまつげの根元に塗るので、自分が塗りやすい形状のものを選ぶようにするのが良いでしょう。


先端が柔らかいほうが始めのうちは使いやすいのでおすすめです。

現代の女性たちのメークポイントは、目です。それもアイシャドーなどのメイクではなく、まつげに力を入れています。


若い人ばかりでなく年配の女性たちも、いかにまつげを濃く、そして長くするかに、懸命になっています。

以前は、魅力的なまつげにするためには、マスカラをつけることが定番でしたが、最近は、まつげエクステやつけまつでが人気とななっています。

つけまつ毛は、安価で種類も多く、簡単に自分で取り付けることができ、特に若い女性たちに利用者が多くいます。
ただ、付けていることが分かり、ナチュラルを求める人には不向きです。


エクステは、付けていることが分かりにくく、自前のまつげ感が出て自然です。

取り付けは自分ではできませので、サロンなどで行ってもらうことになり、費用もかかります。
また、接着剤の影響で角膜が傷つくなどのトラブルが相次いでおり、施術にあたっては、注意をよびかけています。

自分のまつげが、長くて多ければ、こうした人工的な物を付着する必要はありませんが、日本人は目が細く、まゆげが短い人が多いのが特徴です。つけまつげやエクステの人工毛を付着せずに、自分のまつげを長くできるのが、まつげ美容液です。まつげ美容液は、まつ毛が育つ栄養成分や保湿成分が配合されており、トリートメント作用もあり、まつげを長く伸ばし、新たなまつげを生やしてくれる効果があります。

まつげ美容液には、育毛剤と同じ作用があるこが分かります。

まつげ美容液を付け続けることで、長く増えるのですから、育毛剤と同じ作用があるこが分かります。
魅力的なまつげになって、同性から羨ましがられること間違いないでしょう。

















関連リンク

ブライダルエステの選び方

結婚式は一生に一度の晴れ舞台なので、できるだけ美しい花嫁姿をみんなに見てもらいたいと思う新婦も多いことでしょう。せっかくのウエディングドレスも、背中に無駄毛があったり、肌が汚いとそれだけで花嫁の魅力も半減です。...

more

ブライダルエステはおススメ

ブライダルエステは、結婚式を前提としたエステティックのことです。ずっと思い出や記録に残る花嫁姿を最高な状態で残せるように、プロの力を借りて頭のてっぺんからつま先までケアしてもらいます。...

more
top